グリシンサプリおすすめ.com

グリシンサプリで安眠ライフを!

 

多種多様なる睡眠障害が問題となりつつありますが、自覚症状に気付かず悪化させている方も多いです。

 

今回お勧めしているグリシンサプリは、良質な睡眠は元より健康面にもこだわったサプリをお勧めしたいますので、「最近寝つきが悪い」「睡眠を十分とったのにf寝足りない」「日中、異常に眠くなる」といった症状がある方は、悪化する前にグリシンサプリをご検討ください。

 

下のグリシンサプリおすすめランキングは、体に悪影響を及ぼす成分を使用していないサプリをご紹介していますので、現代病ともいえる睡眠障害から良質な睡眠へと変えるために日常補えない成分や栄養をグリシンサプリで補いましょう♪

グリシンサプリおすすめランキング!

※スマホで閲覧中の方はランキングが見やすくなるように横向きにしてご覧下さいませ。

 

グッドナイト27000



PROMO健康サプリメント部門第1位!
モンドセレクション金賞受賞!

 

配合成分と含有量にこだわり抜いたグリシンサプリ。
それが【機能性表示食品】グッドナイト27000です!

 

定期コースのお得感と継続すればプレゼントも付いてきますので、楽しんで睡眠の質を改善できるグリシンサプリです!

価格 備考 評価

通常価格6000円(1袋)
定期コース990円(初回1袋)
2回目以降4800円(定期1袋)

一袋30日分         4回、8回、10回、12回目の定期便でプレゼントがあります。 グリシン,サプリ,おすすめ,安眠,睡眠

ネムリス



実感率92%快適睡眠をサポート!

 

筑波大学協力の元、休息データでのネムリス使用でその実感性が立証されています。

 

また各種メディアもネムリスを取り上げている事から、信頼度の高いグリシンサプリと言えるでしょう♪
特徴としては特許取得の天然ハーブ素材ラフマ葉抽出物配合が挙げられます。

 

お値段が割高なので2位となりましたが、品質においては信頼性がトップクラスです。

価格 備考 評価

初回限定30日分お試し
(3袋まで)
7000円→5670円(税込)

30日分のお値段の他に10日分のお試し価格あり。 グリシン,サプリ,おすすめ,安眠,睡眠

 

シンデレラスリープ



モンドセレクション金賞受賞受賞!
(女性専用として)
100名の女性と共同開発!
 
女性の月リズムを考案して開発された休息サプリ。
それがシンデレラスリープなのです。
 
グリシン配合と各種ハーブでリラックスを体感。
 
ただ、L-テアニン配合ではないので、どうしても1位と2位には及ばずの3位となっています。

価格 備考 評価

通常価格7560円(1か月分)
定期コース初回1980円
(1袋1か月分)

定期コースの場合2回目以降は、通常価格より2580円OFFでご利用いただけます。 グリシン,サプリ,おすすめ,安眠,睡眠

スヤナイトα
スヤナイトα

トリプトファンとギャバをピックアップしている安眠サプリですが、成分配合量の記載がないので4位になっています。

 

お値段的にもお得感がないので、迷わず1位のグッドナイト27000をお勧めいたします。

価格 備考 評価
通常価格5980円 定期コース5083円 グリシン,サプリ,おすすめ,安眠,睡眠

「グッドナイト27000」グリシンサプリおすすめランキング1位!

 

グリシンサプリおすすめランキングで1位となった「グッドナイト27000」!
なぜ「グッドナイト27000」が1位になりえたのかを一緒に見ていきましょう。

 

 

グッドナイト27000で外せないせいぶんがこちらの「Lテアニン」です。

 

Lテアニンはお茶に含まれている成分で脳の興奮を抑え神経を沈静化する働きがあります。Lテアニンの実験では寝つきが良くなり朝までぐっすり睡眠がとれやすくなり疲労回復してスッキリ目覚めることができたという結果になりました。睡眠の質が改善できたのです。

 

またLテアニンを摂るとリラックス時に出るα波がでるという実験結果があることから
リラックスにも効果がありますし、α波が増加すると血管が広がって血流がよくなり冷え症の改善にも期待できます。

 

そして、グリシンサプリの主成分「グリシン」!

 

さらに睡眠改善には欠かせないグリシンも当然配合されています。

 

  • グリシンは血管を広げて血流量を増やします。
  • 血流量が増えるとからだの表面温度が上がり深部体温を下げて眠りに入ります。
  • グリシンは血流量を増やして入眠しやすくしてくれます。
  • 熟睡できるようになると日中の眠気や疲労感の改善になります。
  • また血流量が増えるとお肌の水分量が増えお肌を潤す効果もあります。

 

 

その他に特許成分のラクティウム、GABA、トリプトファン、ラフマ、カモミールも配合されています。ラクティウムは不眠によるストレスを緩和して睡眠を改善します。

 

GABAはストレスを緩和します。

 

トリプトファンがセロトニンをつくり、セロトニンは脳の松果体で睡眠ホルモンのメラトニンを分泌します。トリプトファンは体内で作ることができないので食品から摂取します。

 

ラフマは中国西部から北西部に自生するハーブで精神安定に効果があります。

 

カモミールはキク科の植物で心を落ち着かせる作用があります。

 

またグリシンとトリプトファンは成長ホルモンを促します。そして睡眠中に分泌される成長ホルモンはアンチエイジング効果があります。

 

 

グリシンサプリおすすめランキング1位の「グッドナイト27000」で、今日から安眠ライフを送りましょう♪

 

グリシンサプリのグリシンって何?

 

体内リズムを整えてくれるアミノ酸「グリシン」で質の高い睡眠に!

 

人間の身体の皮膚・筋肉・臓器などの元となるタンパク質を構成しているアミノ酸には20種類あり、体内で作ることができないため食事から摂らなければいけないものは必須アミノ酸、体内で作ることができるものを非必須アミノ酸と呼ばれています。

 

「グリシン」は非必須アミノ酸の一種で、体内でコラーゲンを構成したり、神経伝達物質として呼吸や運動・感覚など重要な身体機能に関わっているとても大切な成分です。

 

このグリシンが睡眠の質やリズムにも関係していることが分かってきました。

 

 

質の悪い睡眠では、深い睡眠であるノンレム睡眠と浅い睡眠であるレム睡眠のリズムが不安定で、何度も目を覚ましてしまう中途覚醒や早朝覚醒につながります。

 

また、ノンレム睡眠のなかでも最も深い睡眠状態といわれる徐波睡眠の時間が少ない状態のため、熟眠感が得られないのです。グリシンを摂取することで寝つきがよくなり、睡眠のリズムが安定するため徐波睡眠に達するのも早くなり深い睡眠の時間が長くなるというものです。

 

では、なぜグリシンが深い睡眠に導いてくれるのでしょうか。

 

それは、グリシンには身体の中心の温度(深部体温)を下げる働きがあるからなんです。

 

起きている時と寝ている時の深部体温を比べてみると、寝ている時のほうが低くなっていて、眠りに入るときに深部体温も下がり始めることが良い睡眠につながると言われています。

 

眠くなった人の手足は暖かくなりますが、それは手足が熱を放出して深部体温を下げているためです。
グリシンは血流量を増やし、手足からの熱の放出をどんどん促して深部体温がすみやかに低下するのを助けてくれます。

 

こうして質の高い睡眠を得られることができたら、翌朝には疲労感もなくスッキリと目覚めることができ、仕事や勉強への意欲や集中力もUP、ストレスも軽減される・・・というように、活動時と休息時のリズムが整ってよいサイクルが生まれます。

 

睡眠の質を改善するだけでなく、体内リズムの改善にもなっており、元気に効率よく日常生活を送れるようになるのがグリシンの効果です。

 

では、グリシンが含まれている食べ物とは!?

 

 

 

グリシンは主に動物性のタンパク質や豆類に含まれていて、とくに魚介類に多く含まれています。

 

甘味のある成分で、エビ・ホタテなど魚介類の甘味の由来としても知られています。

 

体内で作ることができるアミノ酸ですが、食事からはもちろんサプリメントなどで十分な量を摂取したいものですね。

グリシンと合わせて摂取したいリラックス成分「L-テアニン」

お茶を飲んだ時のほっこり感のもと!?リラックス成分「L-テアニン」

 

L-テアニンはグルタミン酸エチルアミドという成分で、お茶の香りやうまみや甘味などに関わっているアミノ酸です。

 

お茶・ツバキ・サザンカなど植物のなかでも一部のものだけで作られます。

 

うまみ成分として有名なグルタミン酸と構造が似ていて、ウーロン茶や紅茶などほとんどすべてのお茶に含まれていますが、緑茶とくに玉露や抹茶に多く含まれています。さらにその中でも品質の高いものほどL-テアニンの含有量が多いのだとか。

 

 

L-テアニンの効果としてまず挙げられるのがリラックス効果です。

 

L-テアニンは脳に到達して副交感神経を優位にするため、昼間の活動での疲れやダメージを修復してくれて身体全体がリラックスした状態になるのです。人間がリラックスしたときに出現するα波とよばれる脳波が、L-テアニンを摂取したときに活発化することが分かっています。

 

L-テアニンの濃度が高いほどα波が活発になるため、L-テアニンの量とリラックス効果は比例するといえます。

 

そして、お茶には興奮・覚醒作用があるカフェインも含まれているのですが、L-テアニンはカフェインによる興奮作用を抑える働きがあります。

 

つまりL-テアニンは、副交感神経に働きかけα波を活発化させるとともに、脳内の興奮作用も落ち着かせてくれるため、寝つきがよくなり中途覚醒を減少させ質の良い睡眠をとる手助けをしてくれます。

 

L-テアニンのリラックス効果は、摂取してから約30分後にあらわれて、2時間以上続くのだそうです。
ですから、寝る1時間から30分前に摂るとスムーズな入眠ができて熟眠感を得ることができるでしょう。

 

ストレスを軽減する効果と脳内に入る貴重な成分!

 

L-テアニンにはストレスを和らげる効果もありますから、勉強や仕事などでイライラしてしまう日中に摂ることでリラックス効果とともに集中力を高める効果も期待できそうです。

 

L-テアニンを摂取すると腸管から血液や肝臓に取り込まれ、その後血液脳関門を通って脳内に入ることができる貴重な成分です。

 

血液脳関門は脳と髄液の間にあり、限られた成分しか通過できませんから、睡眠の質を高めたい場合にはなるべく多くのL-テアニンを摂るといいでしょう。
睡眠の質を上げるためのL-テアニンの1日の摂取目安量は200r程度で、抹茶なら約6杯分・煎茶なら約20杯分にもなります。

 

お茶にはカフェインも多く含まれていてカフェインの摂りすぎの心配もありますから、サプリメントなども上手く併用するのがおすすめですよ!

 

グリシンサプリはうつ病にも効果が期待できる!

うつ病は脳内神経伝達物質のセロトニン減少とストレスや環境の変化などいろいろな原因から発症すると言われています。
ストレス社会の現代ではよく聞く病名となり、数年前には新型うつ病という新しい病名もテレビや雑誌などで目にすることもありました。

 

 

グリシンはうつ病に効くといわれています。

 

脳内で精神を安定させるセロトニンが不足するとうつ症状がでるといわれており、グリシンはこのセロトニンを増加させる働きがあるといわれています。

 

また睡眠不足からうつ病になることもあるそうです。
セロトニンは睡眠ホルモンであるメラトニンの原料にもなります。
グリシンは体内でつくることができる非必須アミノ酸ですが、セロトニンは精神安定の他に睡眠改善にも必要な成分になるので、セロトニンが不足しないようにグリシンを摂っていくことが大切です。

 

 

グリシンは肉類や魚介類、豆類に含まれています。
肉類では牛ひき肉・豚ひき肉・鶏胸肉など、魚介類ではかつお節・かつお・しらす干など、豆類では大豆・湯葉・豆腐・アーモンドなどになり、比較的普段の食事から摂りやすい食品になります。

 

食事から摂れるグリシンですが、睡眠改善を目的とする場合は就寝前にグリシンを摂ることがよいのでその時はサプリメントを活用するといいでしょう。

 

グリシンを摂取すると太る!?

 

寝ても疲れがとれなかったりだるかったり太ってきたりと睡眠不足は日中の生活がままならなくなってしまう原因になってしまいます。
だからといってただ眠るだけでなく、寝ている途中に目を覚ますことがなくなるよう睡眠の質も大切です。

 

 

深部体温が下がったときに就寝すると良質な睡眠がとれるそうです。

 

グリシンは血管を広げて血流量を増やし表面温度を上げ深部体温を下げて自然に眠りに入るようにしてくれます。

 

また眠りについてから早々に、ノンレム睡眠の中で一番深い眠りである徐波睡眠がとれます。徐波睡眠がとれたことでノンレム睡眠とレム睡眠のリズムが整い、寝ている途中に目を覚ますこともなくなり良質な睡眠をとることができスッキリ起床できるのです。
そして睡眠中は脂肪燃焼の働きもある成長ホルモンが分泌されます。

 

この成長ホルモンは眠ってから一番眠りの深い徐波睡眠の時に多く分泌されます。

 

グリシンは徐波睡眠がとれるので成長ホルモンを分泌させることができるのでダイエット効果があるといえます。
生活のためにも睡眠はとても大切です。

 

質のいい睡眠がとれていればいいですが、良質な睡眠がとれていない日が続いていたらダイエットにもなるのでグリシンサプリを意識的に摂っていくのも1つの方法になります。

 

グリシンは糖質として身近な食物にも使用されています!

体内でつくることができる非必須アミノ酸の1つのグリシンは、睡眠障害を改善したり美肌に効果があったり、うつ病へ作用したり、肝臓の解毒を行ったりと健康でいられるよう様々な働きをしています。

 

そんなグリシンですが、別の用途で私たちの周りで使用されています。

 

グリシンは性質耐熱性菌の活動や増加を抑えるので日持ちをよくする働きがあります。
phの影響を受けない特徴があります。
これらの働きや特徴からグリシンは食品添加物に使用されています。

 

ではどのような食品に入っているのでしょうか。

 

 

お弁当やおむすび、サンドイッチ、お惣菜の他に、かまぼこなどの練り物や冷凍食品、シュークリームや大福などのお菓子、清涼飲料などに使われています。

 

グリシンを食品添加物に使用した場合、アミノ酸・保存料・ph調整剤・グリシンと表示されています。

 

またグリシンはアミノ酸の1つになり甘みだけでなくうま味もあるので、他のアミノ酸とあわせて調味料としても使用されています。
といっても食品添加物って本当に安全なのでしょうか。
食品添加物に使用しているグリシンは化学合成で作られたものです。
しかし厚生労働大臣によって使用が認められていることから食品添加物のグリシンは安全な成分と言えます。