生活における改善方法

睡眠障害は生活習慣で改善できる!心も身体も元気になる生活♪

 

睡眠障害の症状が出たとき、病院で診てもらうのも必要ですが、自分の生活習慣を見直すことで改善できる場合もあります。

 

まずは、規則正しい食事と睡眠、適度な運動を心がけましょう。

 

 

目が覚めたら朝の光を浴びて体内時計のリズムを整えることがスムーズな就寝につながります。栄養バランスのとれた食事は活動のためのエネルギーになり、日中に運動をしていると熟睡を得やすくなります。

 

夜の照明は明るすぎないものにして、ゆったりと軽い読書や音楽鑑賞をしたり、37〜38度ぐらいのぬるめのお風呂につかってリラックスするとよいでしょう。ラベンダーやベルガモットなどの落ち着ける香りのアロマオイルを使うのもおすすめです。

 

就寝前にはなるべく食べ物や刺激物を摂らないようにすることも大切です。カフェインは就寝前4時間、喫煙は就寝前1時間は避けるようにしてください。よく眠りたいからと寝酒をする人が多いですが、アルコールは睡眠を浅くして夜中に何度も目が覚める中途覚醒の原因になりますので注意が必要です。

 

健康的な生活習慣が大事という事ですね!

 

分かっているけどなかなか出来ないんです…

 

それでは睡眠の質を変えていきましょう!

 

睡眠時間は人それぞれであり、季節や年齢でも変わってきますから、睡眠時間や就寝する時刻にこだわりすぎずに眠くなってからベッドに入ることが寝つきをよくする秘訣です。

 

休みの日などにはダラダラとベッドで過ごしてしまいがちですが、そうするとその日の夜の熟眠感が減ることになります。休みの日でもなるべくふだんと同じリズムで過ごしたいですね。

 

昼寝をしたい場合は、昼の3時までに、20〜30分間程度にするのがよいでしょう。長い昼寝をしてしまうと、逆にすっきりできません。また、夕方以降の昼寝は睡眠リズムを狂わせることになるので控えましょう。

 

生活習慣を見直して睡眠の質を改善してもイマイチ…なら!?

 

基本的な日常生活を一通り見直すことができたら、睡眠薬よりも気軽に取り入れやすいサプリメントを使ってみるのもいいと思います。

 

睡眠の質を高めるサプリに配合されている成分の中で、注目したいのは「グリシン」です。

 

グリシンはアミノ酸の一種なのですが、手足の血管を広げて熱を放出することで深部体温を下げて寝つきを良くするという効果があるのでおすすめです。

 

グリシンサプリをおすすめする理由は、寝つきがスムーズになるだけでなく、入眠してからノンレム睡眠の深いレベルにたどり着くまでの時間が短くなり、そのまま深い眠りが続きやすくなるといったように、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルも整えてくれます。

 

体内で作ることができ、魚介類などからも摂取できるグリシンですが、睡眠の質を良くしたい場合には、グリシンサプリメントがおすすめなので積極的に補給してくださいね!