不眠症

睡眠障害の種類と症状@不眠症とは?

 

十分な睡眠がとれていないと感じられる、日中にはいつも疲労感がある、日中に眠くなり集中力がなくなってしまうというように、睡眠の質がよくないために生活に支障が生じている状態が不眠症です。

 

不眠症の症状に睡眠時間の長さは関係なく、たとえ短い時間でも質のよい休息がとれていると本人が感じる場合は不眠症にはあてはまりません。

 

不眠症には4つのタイプがあり、それぞれ単独で出現する場合もありますが複数のタイプを合併している症状もあります。

 

入眠障害

 

ベッドに入って消灯するなど、入眠の準備が整っているにも関わらず、なかなか寝つけないタイプの不眠症状です。正常な人ならベッドに入って30分以内に寝つくことがほとんどですが、2時間以上入眠できないまたは、2時間以下であっても本人が眠りにつけないという苦痛を感じる場合は入眠障害であるといえるでしょう。

 

中途覚醒

 

最初は眠りにつけるものの、夜中に何度も目が覚めてしまい、深く眠るのが困難な状態です。これにより、休息が十分にとれず日中の生活に支障が出てしまいます。

 

早朝覚醒

 

起きたい時間よりも早く目が覚めてしまい、そこから再び眠りに入れなくってしまうタイプの不眠症です。本来の起床時間がずれることで、就寝時間や睡眠パターンなどの体内時計のリズムが狂ってしまうため、日中に眠気や倦怠感があらわれます。

 

熟眠障害

 

睡眠時間は十分にとれているはずなのに、眠りの質が浅いために心身の疲れを癒すことができず、疲労が蓄積していく状態になります。
多くの場合、6時間以上などしっかりと睡眠時間は確保していることから、不眠症だと気付かないことも多い症状です。

 

なぜ不眠症になるのか?

 

不眠症の主な原因としては、人間関係や仕事の環境などの精神的ストレス・身体が不快と感じる痛みやかゆみなどの身体的ストレス・脳の覚醒を促してしまうような抗うつ剤などの薬物やアルコール、カフェインなどの成分・時差や温度、明るさ、騒音など寝るときの環境・生活習慣の乱れなどが挙げられます。

 

そういう傾向がみられる場合は、グリシンサプリおすすめから症状に合うグリシンサプリ選んでいただき、早期改善を行っていきましょう。