グリシンサプリおすすめ.com

睡眠障害の種類と症状B概日リズム睡眠障害とは?

 

人間の体内には体内時計がセットされていて、約24時間を周期としています。

 

この周期を「概日リズム」といい、何らかの理由によって概日リズムが昼夜のサイクルと合わなくなり睡眠および日中の活動に支障が出てしまうような症状を概日リズム睡眠障害といいます。

 

では、どのような場合にこの症状が引き起こされるのか、概日リズムが合わなくなる原因を見ていきましょう。

 

睡眠相後退型

 

若い人に多い症状で、徹夜や夜更かしを続けていくうちに体内時計での睡眠時間が遅い時間にずれてしまいます。明け方近くになるまで寝つけなくなり、入眠後は昼過ぎまで起きられないため、学校や仕事に定時に行けなくなることも。無理に起床しても、強い眠気や倦怠感に襲われます。

 

睡眠相前進型

 

体内時計が進んでいるため、睡眠時間が早い時間にずれるもので、夕方に眠くなりそのまま寝てしまい、深夜や早朝に目覚めます。高齢者に多く家族性につながることもあります

 

交代勤務型

 

日勤と夜勤などで常に勤務時間が変化する場合、生活のリズムと体内時計が合わなくなって起こる症状です。眠りが浅くなるため睡眠の質が低下して、仕事中の眠気や作業効率の低下、倦怠感、食欲不振、頭痛などが引き起こされます。

 

非24時間睡眠・覚醒型

 

就寝時間と起床時間が毎日1〜2時間ずつ遅れていくという症状です。
昼夜が逆転した生活を送った後によく起こるもので、体内時計が朝日によってリセットされないのが原因といわれています。

 

不規則睡眠・覚醒型

 

脳梗塞などで体内時計のリセットが弱くなったり、長期間病気で療養していて社会的接触が少なくなった場合に起こります。昼夜に関係なく、起きている時間と寝ている時間が不規則になり、夜間に眠れなくなる、日中に眠くなり昼寝が増えるというように、昼と夜のメリハリがなくなってしまいます。

 

時差型

 

旅客機による高速移動で時差が数時間以上の地域に渡航したときに起こる、いわゆる時差ぼけです。夜になっても眠れなくなったり、日中に倦怠感や眠気を感じ、消化器系の不調を起こす人もいます。

 

 

概日リズム睡眠障害は、質のよい睡眠をとり体内時計のリズムを正常にすることが改善への近道となります。就寝時間が近づくと身体の深部の体温を下げることで、自然に眠気を導いてくれるアミノ酸「グリシン」は、ノンレム睡眠をより深くする働きもあります。レム睡眠とノンレム睡眠のリズムが安定して、質のよい休息ができますから、グリシンを試してみるのもいいですね!