グリシンサプリおすすめ.com

睡眠障害の種類と症状C睡眠時無呼吸症候群とは?

 

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に10秒以上の呼吸が止まっている状態が1時間あたり5回以上ある状態をいいます。

 

睡眠は脳と身体を休息させるためのものですが、睡眠中に無呼吸が何度も起こると身体が酸素不足に陥り、酸素不足を解消するために心拍数を上げるため脳や身体は休むことができません

 

睡眠時間を確保できていたとしても、寝ている間は絶えず脳や身体は覚醒しており大きな負担がかかっている状態ですから、日中には強い眠気が起こり、倦怠感や集中力の低下など日常生活に支障が出てきます。

 

睡眠時無呼吸症候群の症状を、寝ている間・起床時・起きている間に分けて見てみます。

 

 

【寝ている間】

 

常にいびきをかいていて、いびきが止まったと思ったらその後には大きな呼吸をして、またいびきをかき始めます。呼吸が止まる・乱れる・むせるというように、息苦しさがあります。睡眠中に何度も目を覚まし、寝汗をかくこともあります。
寝ている間の様子は自分では確認できないので、家族などまわりの人が気を付けてあげてくださいね。

 

【起床時】

 

熟眠感がなく、身体の倦怠感や頭痛ですっきりと起きられないことが多いようです。口が乾いているのも特徴です。

 

【起きている間】

 

非常に強い眠気に襲われて、身体が重さやだるさを感じます。いつも疲れていて、集中力が続かずに仕事や勉強などの作業がはかどりません。

 

【原因とケア】

 

このような症状がみられる場合は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
では、この疾患の原因はどういったものなのでしょうか。

 

かかりやすい人には顔や首回りの形状に、
首が短い・首が太い・下あごが小さく小顔である・下あごが後ろに引っ込んでいる・歯並びが悪い・舌もしくは舌の付け根が大きいといった特徴があるようです。

 

男性でも女性でもかかるものですが、男性は女性よりも上半身に脂肪がつきやすく、顔や首回りの脂肪の分布が高いため、男性の罹患率がやや高くなっています。
30〜60歳代の働き盛りの年代は、体型が変化しやすい年代でもあり、首回りの脂肪が気道を狭くして無呼吸を引き起こすことが多いので注意が必要です。

 

睡眠時無呼吸症候群のセルフケアとして、非必須アミノ酸の一種である「グリシン」の摂取が有効であるとされています。

 

グリシンは入眠をスムーズにして、短時間でノンレム睡眠の深いレベルの眠りにまで到達するため睡眠の質が上がり、いびきの減少や起床時のすっきり感といった効果がみられるようです。